クレジットカード現金化サイトで現金化をしてみる

クレジットカード現金化の業者の多くはネットショップの形で営業していますが、その一方で来店可能という業者もいます。現金化の業者は利用者の便宜をはかって、なるべく手間も時間もかからないようにネットで申し込みを受け付けるようにしている所がほとんどです。そこでわざわざお店に来てもいいですよ、と言うのはどういうことなのでしょうか。

考えるに、利用者が来店しても対応するということは、その業者は実際にここで店を構えて営業していますと身を持って示しているということになりますね。担当者と顔を合わせることにもなりますので、ある程度の信用性が保証されると言えます。

クレジットカードの現金化はキャッシングではなく、商品を販売してキャッシュバックを提供するという形で、別に実店舗がなくてもいいわけです。でも業者サイトに書いてある住所にちゃんとお店があって営業しているとわかれば、それを利用する人も安心するという面があります。現金化にかぎりませんが、商売は信用が第一ですから、そういった実店舗のある業者の方が有利であると言うこともできます。
クレジットカード現金化を安全に利用するための注意点

またクレジットカード現金化を利用する人も、全員がネットでの申し込みを選ぶわけではないでしょう。ネットや電話でのやりとりは便利な反面、業者の顔が見えないので不安が大きいのも確かです。利用者の中にはメールや電話では心配、面倒でも実店舗に足を運んで、業者と顔を合わせて取引をする方が良いと考える人がいます。

また実店舗の場合は振り込みではなく、実際に現金を受け取って帰ることができますので、その方が都合がいいという人もいるでしょう。このように、タイプそれぞれメリットがありますので、自分の都合に合わせて選ぶとよいでしょう。

クレジットカード現金化の注意点を書いてみる

クレジットカード現金化の広告や業者サイトには必ずその業者の住所がのっています。それを見ると、現金化業者は東京や大阪、名古屋といった都市に住所を置いている所が多いことがわかります。そういった都会から離れた所にすんでいる人からすると、遠くてそこまでは行けないでしょう。しかし行けないからと言ってその業者が利用できないとは限りません。どうしてでしょうか。

クレジットカード現金化はキャッシングではなく、ショッピング枠を使い、商品を購入してその代金から現金化することになります。方法としては普通の買い物と一緒で、申し込みの時もカード情報を伝えればいいのです。現金が振り込まれるから特別なことだと思うかもしれませんが、要するに買い物をしてキャッシュバックを受け取るということなのです。

ですから消費者金融のように実店舗に来てもらって、時間をかけて対応する必要はありませんね。現金化業者のほとんどがネットショップの形態をとっていて、来店不要をうたっています。メールやFAXで申し込みをして、後は電話でやりとりすれば充分なのです。ネットショップであれば、利用者がどこにいようが関係なしですし、商品を送るにしても、今は全国各地届かない所はありませんね。

ただ注意しておきたいのは振り込みの手数料です。業者が振り込む時の口座と利用者の指定する口座が同じ銀行かそうでないかで金額も違ってくるでしょう。その手数料は利用者に請求されることになりますので、自分がどの銀行の口座を持っているか、現金化の際には手数料はいくらになるのか確認しておいた方がいいでしょう。

業者の方でも、○○銀行なら手数料無料といったサービスをしていますので、そういった情報を見ながら指定口座を決めましょう。